ドラゴンギャル ~双龍の闘い~ 天井恩恵・狙い目・ヤメ時 解析

titlelogo_off©SNKプレイモア

SNKからの新台ドラゴンギャル ~双龍の闘い~が5/25から導入開始!
本機は9月に話題を呼んだ規制後の新規定の台となっています。
注目すべきはやはり大きな焦点にもなったコイン持ちの良さですね。
1kあたりの回転数は平均59Gと旧規定の倍近く回ります。
スペックとしては、純増2.5枚のAT双竜乱舞でコインを増やしていき、
特化ゾーンに入れて爆発させるといった流れですね。

 

詳細は下の記事をご覧ください。

 

天井・スペック解析

天井恩恵解析

・天井恩恵
AT間で最大1616G+前兆でAT「双龍乱舞」に当選
設定変更で天井G数リセット

狙い目・ヤメ時

・天井狙い目
AT間900G~
・宝玉狙い目
宝玉5個の台を貯まるまで打ち切る
・ヤメ時
AT終了後前兆無し確認後即ヤメ

スペック解析
設定 初当り確率 機械割
設定1 1/499.7 97.6%
設定2 1/467.6 98.9%
設定3 1/435.2 100.8%
設定4 1/388.4 104.5%
設定5 1/343.2 109.2%
設定6 1/281.9 114.3%

ゲームの基本詳細

人気シリーズ「ドラゴンギャル」もついに4作目となりましたね!!
9月以降に適用された新基準AT機でAT純増2.5枚のコイン持ち59G/1k
コイン持ちがかなり良い事が影響してか。初当たり確率は1/499.7(設定1)とかなり重め。
AT1回あたりの平均獲得枚数はおよそ400枚とかなりマイルドな出来上がりになっていますね。
主なAT突入ルートはCZ解除メインで、
レア役での直撃抽選も行われているようです。

また、黄門ちゃまや、ベルセルクなどでも搭載されているようなポイント式の、
メーター(宝玉システム)が搭載されています。
ボーダー調整の攻略要素、また宝玉単体でも期待値が取れそうです。

■通常時詳細

  • 通常ステージ
  • 雲上ステージ(チャンスステージ)

雲上ステージは宝玉の押し順ナビが発生することがあります。
雲上ステージの移行率に設定差があるため、高設定の方が当然ですが
宝玉の出現率がアップしますね。

■CZ「ムイムイチャレンジ」
30ab81396e1ac90e9a51c7a362e700b8ATの主な突入契機である、CZ「ムイムイチャレンジ」突入契機は
規定ゲーム数消化・バトル目成立・宝玉6個の3つですね。

 現状で判明している注目点は「周期短縮抽選(64G周期)」で、
5周期目の320GのCZ期待度が20%という事です。

獲得している宝玉の数だけAT抽選。
1個当たりのAT期待度は約16%のようです。
また宝玉の色によりAT突入期待度は上がるようですね。
1個の平均が16%と言っても、宝玉の色次第でどのくらい割が食われているのか
現状では分からないため、安易に宝玉が6個あるから
60%近い期待度!とはいかないかもしれませんね。

また、宝玉が0個の場合は1個保証となります。
宝玉のメーター次第で大きく当選期待度が変わりそうな仕組みなので
宝玉狙いは有効そうですね。

また、CZ最大10回はまりでAT確定となる、
「ムイムイチャレンジスルー天井」が存在します

■CZ「双竜チャレンジ」

こちらは毎ゲーム抽選タイプのCZ。
宝玉が少ないほど当選しやすい模様です。
10Gの間に赤7が揃えばAT確定となっています。
AT期待度はおよそ52%。

AT詳細

■AT
AT「双龍乱舞」は純増約2.5枚の1セット50G+α継続。
G数上乗せに加え、赤7揃いでのセット数上乗せもあるようです。
また、面白そうな「強制レア小役システム」なるものを搭載。
これは、レア役が特定ゲーム数ハマることで、自動的にレア役が成立するというのもらしいです。

■功夫バトル
上乗せ特化ゾーン「功夫バトル」は1セット1~3Gのバトル敗北まで継続。
ループ率は50~95%で、シナリオによって管理されています。

■覚醒ラッシュ
本機最強の上乗せ特化ゾーン「覚醒ラッシュ」へは、「功夫バトル」敗北or継続時に突入抽選を行います。
4G継続し、平均上乗せは約+200Gとかなり強力な特化ゾーンになっていますね。
終了後は、再度「功夫バトル」へ突入となるようです。

■黄金龍同行
AT中の「黄金龍(ホアンロン)を倒せ!」演出で勝利すると「黄金龍同行」となります。
「黄金龍同行」中は、「直乗せ・強制レア小役システム発生率・赤7揃い確率・功夫バトル突入率」など全ての上乗せ性能がアップ。
平均上乗せは約130Gとまあまあ強力ですね。

■引き戻しゾーン「金の卵チャンス」
AT終了時の一部で突入する引き戻しゾーン「金の卵チャンス」。
6G継続し、消化中に成立する全役で上乗せ抽選(最低50G保障)を行います。

■引き戻しバトル「剛狐を倒せ!」
AT終了時の一部で突入する引き戻しバトル「剛狐を倒せ!」。
AT中に勝利したキャラが多いほど突入率がアップするようです。
レア役成立でチャンスとなりますね。

たけなかの考察

注目すべきは、なんといっても麻雀物語3同様、コイン持ちが良い点ですよね。
実際に自分がホールで台を探している時も、麻雀物語3はそんなに落ちていなかったです。
今回のドラゴンギャルもゲーム数ハマリでの天井狙いは難しいのではないかと考えています。

また、初当り確率が設定1で1/499.7と非常に重く、ゴッド並ですね。
今後の解析待ちですが、初当り確率が重く、天井もおよそ1600Gと遠いため時間効率が悪そうですね。
現状は900~狙っていきたいと思います。

 

ドラゴンギャル~双龍の闘い~【天井恩恵・スペック解析】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ